県内初!?モデルハウスOPEN
>

70年代不動産とは...

中古物件探しと住宅リノベーションを行います。今まで誰も候補にあげなかった70~80年代の中古物件をリノベーションし、新たな価値をもった建物として生まれ変えます。特徴はズバリ!負担の少ないローン返済が可能なこと。当社では物件探しから施工まで一貫して行い、価格が明快なので安心!そして、何よりレトロなデザインやヴィンテージが持つ味わいを建物に活かした自分らしいスタイルであること。あなたらしく70年代ヴィンテージとセンスよく暮らす。カフェのようなカジュアルな空間での暮らし。趣味や遊びを存分に楽しめるリノベーションの誕生です。詳しくは下冨居モデルへお越しください。お待ちしています。
モデルハウスへの道順がわからない時はお気軽にお問い合わせください家づくりに興味のある方に「こんな家づくりもある」ということをお伝えしたい、そのためのモデルハウスです。是非お友達もお問い合わせてお越しください

リノベーション

70年代不動産のリノベーションは、まるで新築のようにきれい仕上げます!…といったものとは異なります。ただきれいに仕上げるだけでは、せっかくのリノベーションの良さが失われます。古い物、使えるものを有効活用し、地球環境に優しくコストを抑えて経済的。何よりも古い物をかつようすることで、現代の建材にはない味わいを得ることができます。それは、とても面白くて、かっこ良くて、味わい深くて、温もりがあって…楽しいデザインとなります。それでは、70年代不動産のリノベーションについて紹介していきましょう。
  • ルームデザイン
  • ビフォーアフター
  • 素材
  • パーツ

リビングやダイニングにキッチン、トイレにバスルームに洗面所、寝室に子供部屋、玄関…お家を構成する部屋たち、機能性や利便性を確保しながらも遊び心あるお部屋がいいですよね。それでは、それぞれのお部屋のデザインを考えていきましょう。

  • リビング

    リビングは、家族が自然と集まるお家の中心。だから、日当りが良くて居心地が良い空間作りが大事。ゆったり寛げるソファーを置いて、お気に入りの置物やお花を飾ったり。自然と家族が会話が弾む空間がいいですね。キッチンやダイニングとも繋がるワンルームにリフォームすれば、とっても開放的。

  • ダイニング

    昔はキッチンとダイニングで一部屋、リビング…というよりも茶の間でひと部屋、別々に分かれていましたが、今はLDKでワンルームが主流。スペース効率が良く開放感があります。ただ、あえてダイニングとリビング、キッチンを別けるのもカフェやレストランみたいで面白いかも。

  • キッチン

    キッチンのレイアウトには、いろいろあります。L型キッチン、アイランド型キッチン、U型キッチン、I型キッチン、II型キッチン…広さや動線、スペース、予算を考えて選びましょう。また、毎日のお料理が楽しくなる雰囲気造りも大切。ウッドを使った収納扉は温もりがあって◎

  • ウッド

    無垢のウッドは、温もりがあっておすすめです。年々暮らしていくうちに、色が変わり、キズの一つ一つが味わい深さに変わります。

  • 塗り壁

    外壁には塗り壁のリフォームはいかがでしょうか?塗り壁のリフォームは高価なイメージがありますが、既存の外壁下地の上から施工を施す方法もあり、コストも施工期間も抑えることができます。

  • ペイント

    今ある素材の上からペイントします。色を塗り替えるだけでも雰囲気が大きく変わります。デザイン性の向上に加えて、コストが抑えられるます。

  • 照明

    アインアンのランプシェード、シャンデリア、ビーズガラスの照明に裸電球。照明を変えるだけお部屋の雰囲気が随分と変わります。

  • ドア

    オリジナルで作ったドアは、自分好みにペイントしたりできてお洒落。古いドアをそのまま利用しても面白いです。

  • 取っ手

    キッチンの引き出しや扉の取っ手、タオルかけ、壁に取り付けるフック、アイアンパーツにもこだわりましょう。

まだまだ詳しく見たい方は70年代不動産本部サイトへ

施工事例

ところで70年代不動産のリノベで、どこまで変わるの?70年代不動産のホームページをご覧いただいているので、すっかりリノベに興味津々のことだと思います。新築より、断然リノベ派なんて方も多いのではと思います。さてさて、さぁリノベでどこまで変わるのでしょうか?ポイントは限られた予算の中でどこまでデザインできるか。既存の下地や建材を最大限活用しつつ、もちろん老朽化した箇所は新たな物に変えます。コストを抑えながらも、新旧がたくみに融合しお洒落なデザインへと生まれ変わります。それでは、リノベーションした実例を紹介させて頂きます。

富山県下冨居モデル

同じ年代に建てられた似たような外観。
建売のお家が立ち並ぶ、広い通りから少し入ったところ富山県に「70年代不動産リノベーションモデル」が出来ました。
海をイメージした遊び心ある外構も海辺に建っているような気分に

ENTRANCE

BEFORE

【ビフォアー】
まだ、リノベーションするには少し新しい落ち着いた玄関も・・・・

AFTER

【アフター】
「70年代不動産」リノベーションで、まったく違う雰囲気に♪
遊び心のあるフロアの張り方で、うん楽しい⤴

LIVING

BEFORE

【ビフォアー】
すこし階段廻りがくらいかなぁ・・・・

AFTER

【アフター】
「70年代不動産」オリジナルカラーでシックな味のある階段に。
フロアはビンテージウッドを使い分け斜めに張ってみました。
窓も大きく取り採光をよくする事で、なんだか懐かしいアメリカンビンテージので・き・あ・が・り♪

KITCHEN

BEFORE

【ビフォアー】
ごくごく一般的なキッチン。シンプルイズベストも悪くはないんだけど、
なんだかさみしいなぁ⤵

AFTER

【アフター】
リビングからつながるダイニング。システムキッチンの扉を階段のカラーリングと近づけ一体感を。イスのワンポイントが明るく可愛いね。食事も楽しくなりそう‼

暮らしの中に、色が溢れている。元気にしてくれる。
毎日「ここから」始まるから居心地のいい空間にしたい。
一般的じゃなくて、私的空間。
毎日が楽しくなる。楽しくできる。
そんな暮らし。