ホーム > テクニカルな情報
カネコホームメインページへ
火災や地震に強い家

火災や地震に強い工法をご提供
家族を守る家づくり
工場直販の技術をご覧下さい。

枠組壁工法

壁、床、天井及び屋根パネルの六面体で取り囲んだ構造体なので、地震や火災に強い、という特徴を持っています。
(一体化構造)

枠組壁工法の特徴

地震に強い

建物全体が一体になっている構造なので、
力が一点に加わっても面全体に力が分散するので、
水平方向・垂直方向どちらにも強く、建物の変形や倒壊に強い。

枠組工法の仕組み

火災に強い

火の通り道となる壁や床の構造が、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断します。
さらに、石膏ボードを天井と壁の構造に張るため、発火点までの時間を遅らせることができます。
※石膏ボード:炎が上がると熱分解を起こし、水蒸気を放出する優れた特性があります。

パネル製作についてはコチラ

材料

乾燥させた木材を使っているので、腐れ、割れ、曲がりの症状が起こりにくい。

カネコ特許特殊調湿炭についてはコチラ



規格化された種類と寸法の木材・釘・金物を使っているので、パネル製作と建方の作業効率が良く、合理的です。

建方工事の流れについてはコチラ

規格サイズの木材      規格サイズの釘


自由設計

在来工法と比較して、柱のない大空間の間取りが可能です。
屋根裏の複雑な構造部材がないため、屋根裏空間に収納やロフトスペース等、空間がたっぷり使えます。

point

・・・と、ここまでは一般的に知られている枠組壁工法とは変わりませんが、カネコホームの工場では、パネルの骨組みだけではなく、その後の工程、断熱材・面材・気密透湿シート・サッシ・外部下地まで取り付け、ほぼ完成品の状態で現場へ搬入いたします。
ほとんどの工程を工場で生産することにより、パネルの生産効率と精度がさらにアップするため、現場での工程が短縮できます。

社団法人 日本ツーバイフォー建築協会1種C正会員会員証
住宅性能保証制度業者登録証


工場では、パネル製作や建方工事の他、当社特許商品の換気ねこ土台と特殊調湿炭の生産も行っています。
これらも全て工場直販の家に使っています。

換気ねこ土台

工場でプレカットし、現場へ搬入。基礎の上にのせます。
土台にアーチ型の穴をあけることにより床下が換気されるため、湿気を溜め込みません。
また、均等に穴をあけるため、全周から換気ができます。



特殊調湿炭

当社工場の特殊炭化装置で製造しています。
プレカットやパネル製作時に出てくる端材を炭にして再利用しています。
壁の中と床下に当社で生産した「特殊調湿炭」を入れているため、湿気や建材の臭いの心配がありません。



カネコ特許特殊調湿炭についてはコチラ

お問い合せ&連絡先
お問い合わせ
お問い合わせはコチラ


工場直販事業部

076-493-0006

直通/080-1955-5000

富山市萩原524-1地図を表示(別ウィンドウで表示されます)